季刊『世界平和研究』 季刊『世界平和研究』

 

グローバルイシューの解決、平和外交をテーマにした専門誌

 

最新号

223号(2019年秋季号)

特集:インド太平洋構想とその課題

・インドの戦略的自律性と日印関係の展望/伊藤 融
・インド太平洋戦略の評価と課題―海洋同盟の視点―/西川佳秀
・中国「一帯一路」戦略とアセアンの現状―米中冷戦のはざまで―/樋泉克夫
・21世紀新秩序形成への文明論的展望―インド文明と中国文明の比較―/保坂俊司

政策トピック

・政策ビジョンと施策立案の課題─法科大学院制度導入の教訓とポスドク問題─/長谷川眞理子
・海洋教育がめざすもの/田中智志
・公海の生物多様性と海洋遺伝資源をめぐる国連での議論/森下丈二
・国際防災協力の可能性と課題/山本春行
・日本に人権外交は無縁か/村主道美
・次期台湾総統選に出馬した呂元副総統/澁谷 司

オピニオン

援助理念としての「人間の安全保障」の経緯と評価/柳原 透

論説

・和解に向けた現代ユダヤ思想─ホロコーストからの学び─/市川 裕
・平和の概念再考:平和学における和解の位置付け/熊谷奈緒子

試論

台湾における戒厳令の憲法的根拠に関する考察/高橋孝治

 

バックナンバーを見る
購読申込バックナンバー購入

 

 

 「世界平和研究」は1974年に創刊され、日本と世界が抱える諸問題の原因を探りながら、行くべき進路を提示するため、第一線の専門家の分析を紹介しています。
 グローバルな世界における国家目標や国家戦略の研究、アジアと共に生きる日本としてのアジア研究、社会の基盤を形成する道徳規範・価値の問題についても家庭の価値と関係させながら研究し、提言しています。

概要
判型・ページ数 A4判/60ページ
定価 1,200円
発行所 世界平和教授アカデミー
編集 一般社団法人平和政策研究所
年間購読
5,000円
(送料込み)
2月、5月、8月、11月の年4回、本誌を郵送します。