月刊『EN-ICHI FORUM』バックナンバー 月刊『EN-ICHI FORUM』バックナンバー

青少年教育と家庭問題を中心としたオピニオン情報誌

号数をクリックすると目次が表示されます。

2020年6月号(355)

巻頭言

成育基本法で子どもへの継続的支援体制を
公益社団法人日本小児科医会名誉会長 松平隆光

政策オピニオン

留学生30万人計画から次の段階へ
留学生政策と人材育成の国家的課題
一橋大学全学共通教育センター教授 太田 浩

政策情報レポート

第4次少子化社会対策大綱と若者の結婚支援

情報ファイル

・「オンライン学習の経験」日本の高校生は半数
・共同親権は24カ国中22カ国が採用

海外情報

・英国児童福祉における多機関連携促進からの教訓
・コロナ禍後の欧州 道徳的秩序回復が急務に

政策トピック

家庭を取り巻く変化と私たちの社会
名寄市立大学副学長 加藤 隆

教育現場の声

道徳教科化による教員の取り組みと児童生徒の変化

政策動向

コロナで収入減の学生に修学支援 他

世界と日本と家庭

新型コロナの影響で貧困の子供が8600万人増加

2020年5月号(354)

巻頭言

法政大学教授 渡辺弥生

インタビュー

児童福祉司の国家資格化を急げ
子どもの養育環境改善への提言
東京通信大学教授 才村 純

インタビュー

加速度的に進む少子化、政府は対策に本気なのか
子どもの養育環境改善への提言
甲南大学教授 前田 正子

インタビュー

江南のたちばな 江北のからたちー人格形成の根源
秋田栄養短期大学名誉教授 田中玲子

オピニオン

・訪問型家庭支援における教育と福祉の連携
・外国人児童の不就学問題と教育の充実
・新型コロナウイルスの子供への影響で報告書
・国連が家庭への社会的支援拡大を要請

情報ファイル

・休校中のデジタル教材活用は3割
・日本の総人口1憶2616万人に

ワールド・アフェアーズ

・福祉支援提供者間における信頼の役割
・韓国で始まったオンライン授業の現状と課題

私の教育実践論

・道徳教科化による教員の取り組みと児童生徒の変化
・休校期間中の学校の取り組み

2020年4月号(353)

巻頭言

上智大学大学院地球環境学研究科教授 平尾 桂子

インタビュー

訪問型子育て家族支援の現状と課題
多職種協働で多様なニーズに応える
子ども家庭福祉研究・研修機構所長、全国社会福祉協議会中央福祉学院教授 西郷 泰之

オピニオン

香川県ネット・ゲーム対策条例の意義と課題

情報ファイル

・児童虐待検挙数は前年比4割増
・ボランティア活動に参加した大学生 37%

ワールド・アフェアーズ

・父親が子供の発達に独自に影響を及ぼす可能性
・先進諸国で最低基準のアメリカの育休制度

インタビュー

医療従事者の心意気
弘前学院大学学長 吉岡 利忠

私の教育実践論

「人権教育」について

青少年教育情報

新学習指導要領を実施
小学校では「外国語」「プログラミング教育」など導入

オピニオン

世界188カ国で一斉休校
15億8千万人の子供が学校に通えず

2020年3月号(352)

巻頭言

武蔵野大学教授 貝塚 茂樹

インタビュー

父親の子育て参加と家族のウェルビーイング
家庭における父親の存在感
埼玉学園大学特任教授、愛知教育大学名誉教授 尾形 和男

オピニオン

体罰禁止規定を盛り込んだ改正児童福祉法

情報ファイル

・入所児童の6割強に被虐待経験
・「結婚したほうがよい」5割

ワールド・アフェアーズ

・子供の問題行動と夫婦関係の媒介要因
・伝統と権利で揺れ動く欧州の夫婦別姓事情

インタビュー

誰も気づかなかった子育て心理学とは
日本ウェルネススポーツ大学教授、日本いのちの教育学会会長 近藤 卓

私の教育実践論

保育園・幼稚園と小学校の連携

青少年教育情報

国立大学法人の経営統合
少子化に備えた動き

オピニオン

初等教育の普及
就学していない子供は1憶2000万人

2020年2月号(351)

巻頭言

八洲学園大学教授 渡邉 達生

インタビュー

アタッチメントと非認知的な心の発達
親子・家族関係の再構築と養育環境改善への提言
東京大学大学院教授 遠藤 利彦

オピニオン

愛着を築くための父母、家庭支援

情報ファイル

・外国人留学生、30万人に到達
・深刻な若者のゲーム依存

ワールド・アフェアーズ

・アタッチメント経験と夫婦関係への影響
・韓国幼児教育・保育無償化の現状と課題

インタビュー

「子供を優先する子育て支援」を進めるために
元埼玉県教育委員会委員長 松居 和

私の教育実践論

「生命を大切にする教育」の課題

青少年教育情報

「結婚・子育て世代が将来の展望を描ける環境を」
第4次少子化対策大綱に向けた提言

オピニオン

世界の飢餓人口は8億2160万人

2020年1月号(350)

巻頭言

ライフデザインカウンセリング研究所 水野 修次郎

インタビュー

日韓における少子高齢化の現状と政策
韓国の少子化政策と未来
育児政策研究所副研究委員、延世大学校大学院兼任教授 イ・ユンジン

インタビュー

子育て家庭を包括的に支援する「家族政策」を
日本の少子高齢化の現状と政策
東京通信大学教授、元内閣府少子化対策担当参事官 増田 雅暢

青少年教育情報

「日韓における少子高齢化の現状と政策」を議論

情報ファイル

・推計より2年早く、出生数86万人に急減
・小学校教員の倍率、過去最低の2・8倍

オピニオン

家族機能の回復に向けた家族支援を考える

ワールド・アフェアーズ

夫婦関係の満足度向上を目指す人間関係教育

インタビュー

子どもの情動と愛着問題
特定の大人の養育で愛着を育てる
北海道教育大学教職大学院教授 小野寺 基史

私の教育実践論

文科省「新時代の学びを支える方策」について

青少年教育情報

「パートナーシップ制度」広がる

オピニオン

子供たちへのHIV/エイズ感染予防

2019年12月号(349)

巻頭言

植草学園大学名誉教授 野口 芳宏

インタビュー

日本の幼児教育・保育制度の課題と親心を育てる保育実践
幼児教育・保育無償化政策から考える
社会福祉法人同志会 共励保育園理事長 長田 安司

オピニオン

子供の視点から幼児教育・保育無償化を検証する

情報ファイル

・日本の15歳 「読解力」15位に後退
・「親世代との同居」減り、近居の傾向

ワールド・アフェアーズ

・いじめによる持続的ハンディキャップと社会的影響
・ハンガリーの新家族政策と西側リベラリズムへの警戒

インタビュー

政策ビジョンと施策立案の課題
法科大学院制度導入の教訓とポスドク問題
総合研究大学院大学学長 長谷川 眞理子

私の教育実践論

「初任者研修」をどう思うか

青少年教育情報

学校へのスマホ持ち込みを議論

オピニオン

「児童の権利条約」30年 家庭で父母によって養育される権利を有する

2019年11月号(348)

巻頭言

法政大学教授 渡辺 弥生

インタビュー

「産む性」の喜びを次世代に伝えるために
妊娠・出産・子育てと母性
津田塾大学教授 三砂 ちづる

オピニオン

結婚・出産・子育ての意義と次世代につながる社会づくり
人口減少と若者の未婚化から考える

情報ファイル

・学校のいじめ、54万4千件に
・1・2歳児の半数が保育所利用

ワールド・アフェアーズ

・愛着に基づいた家族療法のケーススタディ
・パラダイムシフト図る韓国少子化対策

インタビュー

海洋教育がめざすもの
なぜ海を学び教えるのか
東京大学大学院教授、同教育学研究科付属海洋教育センター長 田中 智志

私の教育実践論

「教員間いじめ」をどうするか

青少年教育情報

英語の民間試験、5年後に延期

オピニオン

5歳未満の2億人が栄養不足か過体重 ユニセフ「世界子供白書」

2019年10月号(347)

巻頭言

武蔵野大学教授 貝塚 茂樹

インタビュー

家族療法による家族力再生への提言
深刻化する子どもの養育問題
国際医療福祉大学大学院教授 亀口 憲治

オピニオン

子供家庭福祉のための人材養成の課題

情報ファイル

・児童福祉司の配置、自治体間で格差
・「授業が楽しい」「ためになる」、高2で減少

ワールド・アフェアーズ

・子供の課題解決の場としての家族・夫婦関係の重要性
・DVの急増と児童虐待で対策急ぐフランス

インタビュー

新たに求められる家族政策
少子化と家族の在り方
元衆議院議員、元厚生省児童家庭局企画課長 大泉 博子

私の教育実践論

英語教育への取り組み

青少年教育情報

「英語4技能試験」 民間試験導入を巡って混乱

オピニオン

世界の5歳未満児の死亡数は年間530万人

2019年9月号(346)

巻頭言

日本家庭教育学会会長/八洲学園大学教授 中田 雅敏

インタビュー

子どもたちの養育環境を守る子ども家庭福祉政策とは
少子化時代の次世代育成支援策
淑徳大学総合福祉学部教授 柏女 霊峰

オピニオン

子供の視点から離婚後の親権制度を考える

情報ファイル

・伸び悩む日本の論文の量と質
・平成29年度に死亡した児童は52人

ワールド・アフェアーズ

・アメリカで認識される肯定的な養育の重要性
・政治・司法の争点となった「中絶禁止法」

インタビュー

これからの学校教育と教師の資質
2020年教育改革を見据えて
神戸松蔭女子学院大学教育学部教授 尾上 昭

私の教育実践論

「教師の働き方改革」をどう感じているか

青少年教育情報

小学校の教科担任制支援など教職員を加配

オピニオン

ユニセフが『家族にやさしい政策』
「家族への投資は賢い経済政策でもある」

2019年8月号(345)

巻頭言

白百合心理・社会福祉研究所 青木 紀久代

インタビュー

発生予防と家族再統合に向けた提言
有効な対策を整備するための三つの課題
東京通信大学教授 才村 純

オピニオン

虐待予防に必要な家族支援の視点
児童虐待予防の方向性を探る

情報ファイル

・「児童がいる世帯」は4世帯に1世帯未満 「人口動態と世帯数」
・精神疾患は約400万人、16年間で2倍 「患者調査」
・結婚支援は都道府県の77% 内閣府「地域少子化対策の効果検証」

ワールド・アフェアーズ

・親教育に見る養育力向上の可能性
・韓国大学生の社会意識-LGBTへの世論の動向から

インタビュー

家庭教育の視点からインターネット問題を考える
秋田県の「県庁出前講座」
秋田県生涯学習センター 学習事業班 主任社会教育主事 柏木 睦

私の教育実践論

道徳授業の現状と課題

青少年教育情報

「嫡出推定」「懲戒権」の見直し しつけと体罰の行為の明確化

オピニオン

目標達成に重要な乳幼児期の家庭支援

2019年7月号(344)

巻頭言

久徳クリニック 久徳 重和

インタビュー

親と子の「心の問題」と向き合うために
「感情をコントロールできる力」について考える
東京学芸大学教授 大河原 美以

オピニオン

子供の発達と乳幼児期の養育環境
「子育て共同参画」に向けて

情報ファイル

東京圏の人口転入超過14万人 総務省「2018年人口移動報告」

ワールド・アフェアーズ

・結婚による安定的夫婦関係と子供の情緒的健康
・アメリカの就学前教育が直面する課題

インタビュー

ロボット開発と人類の知恵の継承
AIは意志を持つのか
聖学院大学名誉教授 丸山 久美子

私の教育実践論

保護者と一緒に子を見守る

青少年教育情報

教員の働き方改革について議論 教員の仕事時間、日本が最長

オピニオン

MDGs(ミレニアム開発目標)達成のための家庭の役割

2019年6月号(343)

巻頭言

ライフデザインカウンセリング研究所 水野 修次郎

インタビュー

全人教育が子ども、教員、地域を救う
日本版包括的生徒指導プログラムの実践
広島大学大学院教授、公益社団法人学校教育開発研究所代表理事 栗原 慎二

オピニオン

道徳専門の教員養成と学校・家庭・地域の連携
「特別の教科 道徳」の課題

情報ファイル

高齢出産の増加に伴うリスク 妊娠・出産を巡る現状と課題
父母が本を読む家庭ほど子供も読書の傾向 厚労省「21世紀出生児縦断調査」

ワールド・アフェアーズ

・トランプ政権が推進する性的自己抑制教育
・青年の雇用と結婚に着目する少子化対策

インタビュー

実践はシステムだけでは動かないー「多職種協働」の勧め
野田市の虐待死事件に関連して
大正大学教授 西郷 泰之

私の教育実践論

教師が考える「教師の質」

青少年教育情報

教育の無償化関連法案成立

オピニオン

国連MDGsと「ファミリー・キャピタル」 開発目標達成に家庭が重要な役割

2019年5月号(342)

巻頭言

日本ウェルネススポーツ大学教授、日本いのちの教育学会会長 近藤 卓

インタビュー

児童虐待から子どもを守るために必要なこと
前国立成育医療研究センター こころの診療部統括部長 奥山 眞紀子

オピニオン

子供と家庭保護の視点から 児童虐待予防と対策

情報ファイル

・中高年引きこもりは推計61万3千人 内閣府「生活状況に関する調査」
・「単独世帯」、2040年には30%超 社人研「日本の世帯数将来推計」

ワールド・アフェアーズ

・「性的指向は変化する」ことを示したアメリカの研究
・フランスの出生率下降と家族政策から見えるもの

インタビュー

民法・相続税制度と家族の絆
東京家政学院大学大学院前教授 博士(政策研究)・税理士 小野塚 久枝

私の教育実践論

「いじめ」への取り組み

青少年教育情報

小学校の教科担任制や免許制度など検討

2019年4月号(341)

巻頭言

関西福祉科学大学教授 畠中 宗一

インタビュー

「同性婚」をどう考えるか 「子どもの健全育成」「家族保護」の視点から
婚姻制度の定義に「子どもの福祉」を
長崎大学准教授 池谷 和子

オピニオン

同性婚をめぐる論点 憲法24条と子供の福祉

情報ファイル

・大麻による検挙、5年で4倍増に 警察庁「少年非行、児童虐待
・「放課後児童クラブ」利用、20年で3.5倍 厚労省・文科省連携「放課後子ども総合プラン

ワールド・アフェアーズ

・結婚と家族の安定が子供の情緒、経済的豊かさに影響 アメリカの研究に見る子供の発達と結婚、家庭①
・同性婚が子供の発達に与える影響 アメリカの研究に見る子供の発達と結婚、家庭②

インタビュー

道徳教科化による大学の授業、教員養成の課題
大学や大学院に道徳科を指導できる専門教員を
札幌大谷大学非常勤講師、前北海道教育大学教職大学院教授 追分 充

私の教育実践論

愛着障害の子供への対応

青少年教育情報

児童虐待防止法改正案に親の体罰禁止規定

2019年1月号(339)

巻頭言

武蔵野大学教授 貝塚 茂樹

インタビュー

共同繁殖で育まれる「共感する心」と「子育ての幸せ感」
生態学からみる結婚と子育てと家族
総合研究大学院大学学長 長谷川 眞理子

オピニオン

保育の質向上と家庭教育への支援を

情報ファイル

・出生数過去最少の92万1千人 厚生労働省「2018年人口動態統計」
・3カ月未満の短期留学が急増 日本人学生の海外留学の実状と課題

インタビュー

日本と海外の教育から考える「グローバル人材」育成の提言
「アイデンティーを持った国際人であることが大切」
林 正寿・遠藤 哲也・廣井 孝弘

オピニオン

同性婚合法化前後で変わったアメリカの言論

青少年教育情報

精神疾患で休職の教職員5077人 文科省調査

歴史と伝統の探訪

ドイツで開いた日本学への道
木間瀬精三(1911~2013)

2018年12月号(338)

巻頭言

八洲学園大学教授 渡邉 達生

インタビュー

子供の命と育ちを守る養育支援・家族支援とは
「血縁」「地縁」「知縁」をつなぐ子育て支援
関西大学教授 山縣 文治

ワールド・アフェアーズ

出生率が下がり始めたフランスの最新事情

情報ファイル

・不登校傾向の中学生は推計33万人 日本財団「不登校傾向にある子どもの実態調査」
・虐待者、「実父」の割合高まる 厚労省「虐待の児童相談所相談対応」

オピニオン

・「共同養育」の視点で養育者支援を考える
・アメリカの児童虐待防止と通告法の課題

家庭学

子育てに見る「母性」と「父性」、「夫婦関係」の意味

青少年教育情報

・妊娠期から成人まで支援し、子供の健全な成育を守る査
・「島根の家庭教育を考える」をテーマに
・文科省が「家庭教育支援チーム」の手引きを公表

歴史と伝統の探訪

沈黙の灰に埋められた「転び者」
遠藤周作(1923~1996)

2018年11月号(337)

巻頭言

久徳クリニック 久徳 重和

インタビュー

一人ひとりが「生きるストーリー」をデザインする
人生百年時代の「ライフデザイン・カウンセリング」とは
立正大学特任教授、ライフデザインカウンセリング研究所所長 水野 修次郎

ワールド・アフェアーズ

フランスで相次ぐ教師への暴力行為

情報ファイル

・小中の不登校、1万人増の14万4千人 文科省「生徒指導上の諸課題」調査
・日本語指導必要な児童生徒、10年で2万人増 文科省「日本語指導が必要な児童生徒調査」

オピニオン

・最先端技術の活用で変わる教育と学び
・結婚・出産・家庭形成の正しい知識を伝えるために
・同性婚合法化以降のアメリカの変化
・10代に広がる大麻

青少年教育情報

妊娠中絶、16万5千件

歴史と伝統の探訪

庶民の歴史が始まる江戸時代
大石慎三郎(1923~2004)

2018年10月号(336)

巻頭言

日本家庭教育学会会長/八洲学園大学教授 中田 雅敏

インタビュー

児童虐待の発生予防と家庭訪問型子育て支援
少子化時代の次世代育成支援策
大正大学児童福祉プロジェクト研究所教授 西郷 泰之

ワールド・アフェアーズ

「家庭支援政策」で出生率上昇-ドイツ

情報ファイル

・「仕事忙しくて、十分な子育てができない」4割 厚生労働省「社会保障を支える世代意識調査」
・公立中学の8割「都教委は講師の派遣や指導資料の配布を」 東京都「性教育調査」

オピニオン

・論文数の減少にみる日本の科学研究の危機
・全国の自治体に広がる「ライフデザイン教育」
・児相間で危険性の認識にずれ 目黒5歳女児の虐待死事件

インタビュー

将来を支える道徳教育と文理融合教育の大切さ
北海道大学名誉教授 谷口 博

青少年教育情報

児童ポルノ事件、前年同期より25%増

歴史と伝統の探訪

民族の鎮魂と歴史の浄化を詩に
浅野晃(1901~1990)

2018年9月号(335)

巻頭言

上智大学大学院地球環境学研究科教授 平尾 桂子

インタビュー

「人間学・幸福学」で次世代の教育が変わる
科学的な幸福学を人間学に加えたい

ワールド・アフェアーズ

小中学校でスマホ使用禁止-フランス

情報ファイル

・児相の相談対応、最多の13万3千件 厚生労働省「児童虐待」
・中高生の7人に1人がネット依存 厚生労働省研究班調査

インタビュー

全校体制で取り組む組織的な道徳教育
校長のリーダーシップと教職員・家庭・地域の共通理解
前東京都府中市立府中第一中学校長、現拓殖大学講師 谷合 しのぶ

オピニオン

杉田議員のLGBT発言と議論から考える
人権問題と行政支援の是非は分けて考えるべき

インタビュー

連続性が保障された世界を放棄した現代人
哲学者 河端 春雄

青少年教育情報

「この1年に学習経験あり」は18歳以上の6割 内閣府「生涯学習」世論調査

歴史と伝統の探訪

伝統芸能を体系的に調査分類
本田安次(1906~2001)

2018年8月号(334)

巻頭言

帝塚山学院大学名誉教授 川上 与志夫

インタビュー

始まった「特別の教科 道徳」 教師はどう教えるか
教科書を主な教材に、教師の創意工夫あふれる授業実践を
山形県小学校長、「道徳のチカラ」代表 佐藤 幸司

オピニオン

中学校道徳教科書に見る「家族」
「家族愛、家庭生活の充実」で伝えること

情報ファイル

・自己肯定感高い子供は正答率も高い 国研「全国学力・学習状況調査」
・0歳児持つ母親の4割が「仕事あり」 厚生労働省「国民生活基礎調査」

オピニオン

「成育基本法」による結婚・妊娠・子育て支援
子どもの養育環境改善の提言
公益社団法人日本小児科医会名誉会長 松平 隆光

オピニオン

児童虐待で政府が緊急対策

青少年教育情報

・未来社会の教育を考える報告書
名門女子大が「多様な性」に門戸
「大麻を使用したことがある」 推計133万人

歴史と伝統の探訪

禅宗に徹した明治の教育者 西田幾多郎、鈴木大拙の師
北條時敬(1853~1929)

2018年7月号(333)

巻頭言

教育学者 佐和山 省吾

インタビュー

「子育て共同参画社会」で児童虐待死の防止を
社会学者の提言-虐待を受ける児童を守るために何をすべきか
北海道大学名誉教授・神戸学院大学教授 金子 勇

情報ファイル

・家庭教育力が「非認知スキル」を高める 文科省「全国学力・学習状況調査『保護者調査』」
・東京都の倍率、3.9倍に 教員採用の状況

オピニオン

中高生に性の大切さをどう伝えるか
秋田県「性教育講座」の取り組み
日本赤十字秋田看護大学教授 志賀 くに子

ワールド・アフェアーズ

・フランスの児童虐待防止対策

オピニオン

「人づくり革命」―幼児教育と高等教育の無償化が招く課題

青少年教育情報

「仕事より家庭・プライベート優先」の若者が増加 「子供・若者白書」

歴史と伝統の探訪

日本とブータンの友好の基
西岡京治(1933~1992) にしおか・けいじ

2018年6月号(332)

巻頭言

関西福祉科学大学教授 畠中 宗一

インタビュー

子どもの命と育ちを守る養育支援、家族支援とは
「こうのとりのゆりかご」10年の検証から考える
関西大学教授 山縣 文治

情報ファイル

・10代母親の出生数は1万1千人 「望まない」若年妊娠と中絶
・昨年の出生数94万6000人 厚労省「人口動態統計」

オピニオン

家庭教育支援条例と支援法がなぜ必要なのか
子供の健全な発達を保障するための支援

ワールド・アフェアーズ

人道主義や公益性が支えた欧州福祉社会の行方

インタビュー

共により良く生きるための「感性教育」を
「心の貧困」が広がる時代に必要な教育とは
日本感性教育学会理事 中川 弘泰

オピニオン

家庭教育支援条例と支援法がなぜ必要なのか
子供の健全な発達を保障するための支援

青少年教育情報

・児童虐待から子供を守るため関係機関がどう連携するか
・9割の親が「子供の成長によろこび」 「将来楽しみ」の回答も上昇 厚労省

歴史と伝統の探訪

茶の湯と禅を結びつける
芳賀幸四郎(1908~1996)

2018年5月号(331)

巻頭言

八洲学園大学教授 渡邉 達生

インタビュー

深刻化するネット依存症から子どもを守るために
IT技術の進歩が優先され、負の側面への対策が遅れる日本
(独法)国立病院機構久里浜医療センター院長 樋口 進

情報ファイル

・NPOとの連携効果で里親委託拡大 厚生労働省「里親委託と特別養子縁組調査」
・日本の総人口、前年比22万7千人の減少 総務省「人口推計」

ワールド・アフェアーズ

米国の母親たちが過激な性教育に「待った」

インタビュー

秋田県のふるさと教育と少人数学習
「学力上位県」の実を結んだ学校活性化の取り組み
秋田県由利本荘市教育長 佐々田 亨三

オピニオン

長期高齢化する「ひきこもり」-地域で支援の枠組みを
支える親の高齢化で生活困窮に

インタビュー

つながりの幸福が多くの人を救う
つながりの幸福論(5)
聖学院大学名誉教授 丸山 久美子

青少年教育情報

中学校の性教育への対応を公表 東京都教委

歴史と伝統の探訪

旅の人生から詩が生まれた
山本太郎(1925~1988)

2018年4月号(330)

巻頭言

久徳クリニック 久徳 重和

インタビュー

「世界の軌道修正」を行える日本型グローバル人財が必要
21世紀は「日本中心」から「地球から日本を見る」発想へ
(一社)グローバル教育研究所理事長 渥美 育子

情報ファイル

・高校生の半数「1カ月1冊も本読まない」 子供の読書調査
・児童虐待の通告、過去最多の6万5千人 警察庁「児童虐待、子供の性被害の状況」

ワールド・アフェアーズ

注目集めるフィンランドの子育て支援「ネウボラ」

オピニオン

子供の貧困対策-早期に家庭教育支援を
日本財団「経済力と子供の能力格差」分析研究より

家庭学

子供を育てる家族の役割と良き夫婦関係を考える
夫婦の強い絆が「健康家族」をつくる

インタビュー

人の幸福の尺度はどこにあるか
つながりの幸福論(4)
聖学院大学名誉教授 丸山 久美子

青少年教育情報

・「1千万人の子供が5歳前に死亡」 国連SDGs報告書
・心情は比較的安定も、自己肯定感は4カ国中最低 高校生の心と体の健康調査

歴史と伝統の探訪

「尾瀬の父」と呼ばれた植物学者
武田久吉(1883~1972)

2018年3月号(329)

巻頭言

名寄市立大学教授 加藤 隆

インタビュー

社会性、道徳性を具体的行動に表す実践的プログラム
道徳授業と「ソーシャルスキルトレーニング」
法政大学教授 渡辺 弥生

情報ファイル

・子供への体罰容認約6割 セーブ・ザ・チルドレン「しつけにおける体罰等調査」
・選択的夫婦別姓 賛成42%、反対を上回る 内閣府「家族の法制に関する世論調査」

ワールド・アフェアーズ

「信仰と家庭が国家の礎」と主張するトランプ米大統領

オピニオン

子供の養育環境と家族、夫婦関係を考える

インタビュー

「教育の主体は子供」言説にみる教育課題
行為の主体形成の意味を問う
三重大学名誉教授 蓮尾 直美

インタビュー

家族関係が幸福の最大の要因
つながりの幸福論(3)
聖学院大学名誉教授 丸山 久美子

青少年教育情報

高校入学から大学卒業までの教育費935万円

歴史と伝統の探訪

家庭宗教の実践を訴える
山田恵諦(1895~1994)

2018年2月号(328)

巻頭言

日本家庭教育学会会長/八洲学園大学教授 中田 雅敏

インタビュー

「自分事」として価値を自覚し行動に結びつく実践を
「特別の教科 道徳」の課題と展望
武蔵野大学教授、放送大学客員教授 貝塚 茂樹

情報ファイル

・文部科学省「大学入学者選抜実施状況」「思考力重視」で、入学選抜も多様化 「推薦・AO入試」は私立5割、国公立も導入拡大へ
・社人研「世帯数の将来推計」2040年 「単独世帯」が4割 世帯主の高齢化、高齢者のひとり暮らし進む

ワールド・アフェアーズ

欧州に見る実践的リーダー育成法

オピニオン

「虐待起こさない家庭づくり」へ予防対策を

オピニオン

「男女平等社会」実現への新しい政策を提案する
「男女共同参画」の何が問題だったのか
元衆議院議員、元厚生省児童家庭局企画課長 大泉 博子

インタビュー

心の安寧を得たいという願い
つながりの幸福論(2)
聖学院大学名誉教授 丸山 久美子

青少年教育情報

高校入学から大学卒業までの教育費935万円

歴史と伝統の探訪

「命のビザ」を繋いだ外交官
根井三郎(1902~1992)

2018年1月号(327)

巻頭言

上智大学大学院地球環境学研究科教授 平尾 桂子

インタビュー

「全人力」備えたグローバル人材育成の提言
21世紀は「人工植林型」から「雑木林型」教育へ
国際教養大学理事長・学長 鈴木 典比古

情報ファイル

・18歳人口の減少と大学の動向 文部科学省「高等教育に関する将来構想」
・出生数、2年連続で100万人割れ 厚生労働省「人口動態統計」

ワールド・アフェアーズ

韓国・文政権で少子高齢社会委スタート

オピニオン

幼児教育保育無償化政策を考える
家族政策の具体的提案へ向
元内閣府少子化対策担当参事官 増田 雅暢

インタビュー

愛する人を亡くした悲しみにどう向き合うのか
「グリーフケア」の時代
藍野大学短期大学部副学長 飯田 英晴

インタビュー

幸せの青い鳥は家庭の中に
つながりの幸福論(1)
聖学院大学名誉教授 丸山 久美子

歴史と伝統の探訪

プロレタリア文学批判し、日本文学発展に寄与
斎藤茂吉(1882~1953)

2017年12月号(326)

巻頭言

(一社)人間性復活運動本部理事長/成蹊大学名誉教授 三角 正明

インタビュー

子どもの人格形成から見た0歳児保育の問題点
乳児期の母子一体が育む「基本的信頼感」
博士(人間科学)、心理療法家、臨床心理士 網谷 由香利

情報ファイル

・家庭養育優先し、施設養護から里親委託へ 厚生労働省「新しい社会的養育ビジョン」
・日本人の米国留学 減少続き1万9千人 米国際教育研究所ほか「留学状況報告」

ワールド・アフェアーズ

フランスの若者自殺防止対策

私の教育実践論

「チャイルドケア」 家庭でできる命のケア(下)
命の力を引き上げる
チャイルドケア研究所代表・自然療法治療院松本鍼灸接骨院院長 松本美佳・松本安彦

インタビュー

「養育能力格差社会」をどう克服するか
経済格差以上に、親の養育態度が重要に
青山渋谷メディカルクリニック名誉院長 鍋田 恭孝

青少年教育情報

「地方創生と人づくり」
島根人格教育シンポジウム2017

歴史と伝統の探訪

欧米に禅を伝えた最初の師家
釈宗演(1860~1919)

2017年11月号(325)

巻頭言

八洲学園大学教授 渡邉 達生

インタビュー

子どもの養育支援、家族支援のために大切なこと
保育園を親子サポートの地域拠点に
お茶の水女子大学基幹研究院准教授 青木 紀久代

情報ファイル

・主要国で唯一日本は論文数伸び悩み 科学技術・学術政策研究所「科学研究論文数の分析」
・いじめ、過去最多の32万3千件 文科省「生徒指導上の諸課題」調査

ワールド・アフェアーズ

ニーズ高まる英国の野外教育プログラム

私の教育実践論

「チャイルドケア」 家庭でできる命のケア(上)
自然療法と家庭教育の融合
チャイルドケア研究所代表・自然療法治療院松本鍼灸接骨院院長 松本美佳・松本安彦

オピニオン

スマホ、パソコン使用長いほど学業時間が減少

青少年教育情報

・児童買春・ポルノ事件が増加傾向
・妊娠中絶、16万8000件に

歴史と伝統の探訪

宗教の成り立ちにくい世界に一石
橋本凝胤(1897~1978)

2017年10月号(324)

巻頭言

関西福祉科学大学教授 畠中 宗一

インタビュー

子供の最善の利益のため家族共同体の強化を
「子供の人権」と家族保護政策の重要性
麗澤大学教授 八木 秀次

情報ファイル

・15歳の結婚意識は早婚傾向 厚生労働省「21世紀出生児縦断調査」
・教員の年齢構成、30歳未満と50代後半が上昇 文部科学省「学校教員統計調査」

ワールド・アフェアーズ

教育予算増やし、教育の不平等解消目指す

オピニオン

・子育ての社会化が子供の育ちにどんな影響を与えるか
・家庭に「安全の愛着」の基盤を形作る
・「子育て共同参画」「ワークアンドファミリー」社会に向けて 少子化問題への提言④

青少年教育情報

・世界の飢餓人口増加、8億1500万人に
・「単独世帯」が全世帯の35%

歴史と伝統の探訪

世界の宗教間の和解に尽力
葉上照澄(1903~1989)

2017年9月号(323)

巻頭言

名寄市立大学教授 加藤 隆

インタビュー

学校教育に活かしたい「幸福学」研究
「教育の目的は人間を幸せにすることにある」
慶應義塾大学大学院教授 前野 隆司

情報ファイル

・虐待相談件数、2割増の12万件超 厚生労働省「児童虐待相談」
・「自己肯定感」高い子ほど高い正答率 文部科学省「学習状況調査」

ワールド・アフェアーズ

私塾「美しき書堂」が話題-韓国

オピニオン

・超少子高齢化社会になぜ「家族政策」が必要なのか 少子化問題への提言③
・米国の研究から見る結婚の重要性

インタビュー

大学を「学問の共和国」に
満たされる市民の知的好奇心
哲学者 河端 春雄

青少年教育情報

・教師の働き方改革で提言
・私立大学の定員割れ、全体の39%

歴史と伝統の探訪

短歌の自立性を貫く
石本隆一(1930~2010)

2017年8月号(322)

巻頭言

帝塚山学院大学名誉教授 川上 与志夫

インタビュー

「ネット依存」の脅威から子どもをどう守るか
急がれる依存症対策と家庭の役割
(独法)国立病院機構久里浜医療センター院長 樋口 進

情報ファイル

・若者がほっとできる場所は「自分の部屋」「家庭」 内閣府「子供・若者の意識調査」
・「ながらスマホ」の事故、年間900件超 警察庁「運転中のスマホ事故」「子供の性被害」調査

ワールド・アフェアーズ

ドイツはなぜ同性婚法案を可決したのか

オピニオン

「家族政策」ではなかった日本の少子化対策 少子化問題への提言②

インタビュー

無条件の愛と共有体験で育つ「基本的自尊感情」
同じ方向を共に見つめる「愛」の関係が大切
日本ウェルネススポーツ大学教授、日本いのちの教育学会会長 近藤 卓

青少年教育情報

生徒、教員ともに「英語力の目標達成は困難」

歴史と伝統の探訪

現代絵画に具象の新しい道作る
日野耕之祐(1925~2013)

2017年7月号(321)

巻頭言

久徳クリニック 久徳 重和

インタビュー

「ママたちの非常事態」を救う子育て新システムの構築に向けて
ピアレビューができる子育て仲間の輪を広げよう!
大阪人間科学大学教授・副学長、精神科医、NPO法人「こころの子育てインターねっと関西」代表 原田 正文

情報ファイル

・小学生の7割「英語が好き」 国研「小学校外国語活動調査」
・「スマホを使っている」、4歳児の4割 内閣府「低年齢の子供のインターネット利用調査」

ワールド・アフェアーズ

フランス新政権の家族・教育政策の行方

家庭学

人間は「家庭を形成する存在」として成長する
ヒトのライフサイクルに見える特徴
神戸学院大学准教授 石崎 淳一

オピニオン

「少子化対策」から「日本型家族政策」への転換を

青少年教育情報

・子供のネット依存、スマホ育児をどうするか
「子どもの貧困率」13・9%、3年前より減少

歴史と伝統の探訪

家族の悲劇を超えて描いた新世界
三浦哲郎(1931~2010)

2017年6月号(320)

巻頭言

(一社)人間性復活運動本部理事長/成蹊大学名誉教授 三角 正明

インタビュー

「海と共に生きる」日本の海洋教育を考える
海洋は「環境」であり、生き物が連関して存在する「生命圏」
東京大学大学院教授 田中 智志

情報ファイル

・「週60時間以上」が小3割、中6割に 文科省「教員の勤務時間調査」
・私大の自宅外生 学費負担は自宅生の約2倍 「私大新入生の家計負担調査」

ワールド・アフェアーズ

フランス新政権の家族・教育政策の行方

カウンセリング

“家族って大切、家庭ってすてき”
家族は夫婦二人を中心に「つくっていく」もの
臨床心理士、東京心理教育研究所所長 金盛 浦子

オピニオン

妊娠・出産が素晴らしいと思える社会に

青少年教育情報

・人格教育の鍵となる「エンパワーメント」と「発達的観点」
・麗澤大学 日本初の道徳教育大学院設置へ

歴史と伝統の探訪

人々を魅了した「山の版画家」
畦地梅太郎(1902~1999)

2017年5月号(319)

巻頭言

皇學館大学准教授 渡邊 毅

インタビュー

求められる家族の再生と虐待予防強化の視点
児童虐待と子育て支援を考える
立正大学特任教授 水野 修次郎

情報ファイル

・人口減少のスピードがやや緩和 将来人口推計
・15歳の生活満足度、国際平均を下回る OECD国際調査

オピニオン

教育基本法を尊重し、「家族」「地域社会」の重視を
次期学習指導要領を巡る課題

私の教育実践論

英語の道徳授業で生徒の心を豊かに育む
学校教育全体で取り組む道徳授業(下)
長野県中学校教諭 松島 千尋

ワールド・アフェアーズ

「現金給付」と「家庭に優しい労働環境」

青少年教育情報

「人格形成の主体は親」 親の成長のためのプログラムを強化

歴史と伝統の探訪

近代的な助産教育を普及させる
亀徳しづ(1878~1966)

2017年4月号(318)

巻頭言

武蔵野大学教授 貝塚 茂樹

インタビュー

本当の「男女共同参画社会」の原点は「家庭」「子育て」
保育界の危機と日本の課題を考える
音楽家、元埼玉県教育委員会委員長 松居 和

情報ファイル

・虐待疑いで通告の児童 過去最多の5万4千人 警察庁「児童虐待」
・高齢者の虐待1万6千件、相談・通報件数も急増 厚生労働省「高齢者虐待調査」

インタビュー

子供のスマホ長時間利用がもたらす悪影響
「脳の形」を変え、学習効果が消える

私の教育実践論

英語の道徳授業で生徒の心を豊かに育む
学校教育全体で取り組む道徳授業(上)
長野県中学校教諭 松島 千尋

ワールド・アフェアーズ

「家族省」中心に家族政策進めるフランス 全国レベルの家族会議も

青少年教育情報

・日本の高校生 7割が「試験前にまとめて勉強」 「高い社会的地位目標」は少数 日米中韓国際比較調査
・高校生のスマホ利用、平均170分 「5時間以上」が2割

歴史と伝統の探訪

アラスカの原住民を救った日本のモーセ
フランク安田(1868~1958)

2017年1月号(316)

巻頭言

青山渋谷メディカルクリニック名誉院長 鍋田 恭孝

インタビュー

「ワーク・アンド・ファミリー」をどう考えるか
家族と社会のサステナビリティ
上智大学教授 平尾 桂子

情報ファイル

・出生数、初めて100万人割れ 厚生労働省「人口動態統計」
・大学生の4割が機構の奨学金利用 日本学生支援機構調査

インタビュー

大切にしたい教育の基礎と教師の実践哲学
「主体的な学び」の前に考えるべきこそ
植草学園大学名誉教授 野口 芳宏

インタビュー

子供たちとのコミュニケーションを豊かにするために
コーチングの理論と実際
北翔大学副学長・教授、北海道人格教育協議会会長 山谷 敬三郎

ワールド・アフェアーズ

移民、カトリック的価値の復活と家族-欧州の事情

青少年教育情報

・「家庭教育支援チーム」型の普及推進など議論
・中2女子の6割、「20代で結婚したい」

歴史と伝統の探訪

縄文の美の発見者
岡本太郎(1911~1996)

2016年12月号(315)

巻頭言

(一社)人間性復活運動本部理事長/成蹊大学名誉教授 三角 正明

インタビュー

基本的自尊感情を育む家庭と学校の役割
二つの自尊感情がバランスよく育っていない子どもたち
山陽学園大学教授、日本いのちの教育学会会長 近藤 卓

情報ファイル

・科学的リテラシーで日本は2位 PISA学力調査
・児童ポルノ、被害児童は過去最多 児童の性的搾取等の現状と対策

インタビュー

人格の教育-新しい道徳文化をつくる
立正大学特任教授 水野 修次郎

オピニオン

虐待により被害児童の脳の働きが低下
放置すれば社会に「悪の連鎖」

ワールド・アフェアーズ

「リベラル革命」を拒絶した米有権者

青少年教育情報

・島根人格教育シンポジウム2016 「ふるさと教育」で人材育てる
・妊娠中絶、17万6388件 「20歳未満」は1割減

歴史と伝統の探訪

「西洋と東洋は対立を越えて」を願って
小島威彦(1903~1996)

2016年11月号(314)

巻頭言

日本家庭教育学会会長/八洲学園大学教授 中田 雅敏

インタビュー

LGBT理解促進の教育、法律案の問題点を考える
子どもたちの結婚観や家庭観、生育環境に影響及ぼす懸念
長崎大学准教授 池谷 和子

情報ファイル

・不登校12万6000人、3年連続増 文科省「生徒指導上の諸問題調査」
・子供の頃の体験多いほど「結婚・子育て」願望が高くなる 国立青少年教育振興機構「若者の結婚観」調査

インタビュー

子ども家族支援-その現状と課題
「家族との情緒関係」「共同養育」がキーになる
大阪市立大学名誉教授、関西福祉科学大学教授 畠中 宗一

オピニオン

広がる薬物乱用問題-今こそ教育が鍵

ワールド・アフェアーズ

経済不安が子供を産む足かせに この1年の欧州少子化対策

青少年教育情報

いじめ認知件数22万件、過去最高に

歴史と伝統の探訪

ピアノ演奏家にして音楽教師の草分け
瓜生繁子(1861~1928)

2016年10月号(313)

巻頭言

久徳クリニック 久徳 重和

インタビュー

夢と希望に向かって生きる子どもたちを育てる
「WYSH教育」がめざすもの
京都大学大学院医学研究科准教授、(一財)日本子ども財団理事長 木原 雅子

ワールド・アフェアーズ

青少年の犯罪と人格教育ーアメリカの試み

情報ファイル

・「望まない・計画しない妊娠」が5割超 厚生労働省「子ども虐待死亡事例の検証」
・4人に1人が「本気で自殺を考えた」 日本財団「自殺意識調査」

オピニオン

・夫婦関係の改善で社会全体の福祉向上図る アメリカの結婚教育運動
・「交際相手を持たない」未婚男性が7割 社人研「出生動向基本調査」を読む

青少年教育情報

・「家庭で授業の復習」など増加
・教育への公的支出、日本は32位

歴史と伝統の探訪

モンゴル人女性の教育に献身
高塚繁(1896~1945)

2016年9月号(312)

巻頭言

武蔵野大学教授 貝塚 茂樹

インタビュー

強くてしなやかな国をつくるための「家族人口政策」の視点
政策提言「均衡ある人口基盤―持続可能な家族・世代・地域を取り戻す」
明治大学教授 加藤 彰彦

情報ファイル

・“遊び込む経験”多いほど、“学びに向かう力”が高い ベネッセ教育総研「園での経験と幼児の成長に関する調査」
・若者の引きこもり 54万人 内閣府「若者の生活に関する調査」

インタビュー

夫婦間のハーモニーで子どもを育む家庭づくり
子どもたちの養育環境をどう改善するか
世界乳幼児精神保健学会理事、元慶應義塾大学医学部小児科専任講師 渡辺 久子

青少年教育情報

「高校でも道徳推進教師を」 文科省WGがとりまとめ

歴史と伝統の探訪

インディオの美意識から受けた啓示 東京・メキシコ
利根山光人(1921~94)

2016年8月号(311)

巻頭言

皇學館大学准教授 渡邊 毅

インタビュー

「心の目で見る」ことで得られる本当の幸せ
思春期に「自分とは何か」を考えてみよう
聖学院大学名誉教授 丸山 久美子

ワールド・アフェアーズ

説得力欠く異宗教への寛容

情報ファイル

・日本人の海外留学者数、8万1219人 日本学生支援機構「日本人留学調査」
・児童虐待対応、初の10万件超え 厚労省「児童虐待相談」

家庭学

良き夫婦関係と子供への影響を考える

オピニオン

・児童虐待のリスク減らす「三世代同居」
・学校・家庭・地域の連携で取り組む人格教育

青少年教育情報

・「子供がいる世帯」は4分の1
・「特別の教科 道徳」指導法と評価の方向まとまる

歴史と伝統の探訪

女性の教育と地位向上に献身
津田梅子(1864~1929)

2016年7月号(310)

巻頭言

名寄市立大学教授 加藤 隆

インタビュー

深刻化する児童虐待と家族再生ー日米の事例を踏まえて
一番の予防策は子どもの視点で家族機能を取り戻すこと
長崎大学教育学部准教授 池谷 和子

家庭学

暴言のトラウマ超えて心の安定回復する力
「愛着」形成の研究③
神戸学院大学教授 石崎 淳一

情報ファイル

・65歳以上が4人に1人 過去最高に 総務省「国勢調査速報」
・非行の心のブレーキは「父母」7割超 法務省「非行少年と保護者研究」

インタビュー

子どもの豊かな心を育む教師であるために
教師の役割と人格教育
北海道教育大学大学院教授 庄井 良信

ワールド・アフェアーズ

学校に「本人が望む性」のトイレ・更衣室使用を指示

青少年教育情報

性や家族の多様化強調し、結婚・家族観の見直し迫る内容に

歴史と伝統の探訪

尊厳を見つめたカトリック彫刻家/岩手・東京
舟越保武(1912~2002)

2016年6月号(309)

巻頭言

帝塚山学院大学名誉教授 川上 与志夫

インタビュー

結婚、出産、子育ての意義を学校教育で教えよう
妊娠・出産が素晴らしいと思える社会に
国立研究開発法人国立成育医療研究センター 副周産期・母性診療センター長 齊藤 英和

家庭学

「自分は親とつながっている」という基本的信頼感
「愛着」形成の研究②
神戸学院大学教授 石崎 淳一

情報ファイル

・出生数5年ぶり増加、出生率も21年ぶり水準 厚生労働省「人口動態統計」
・既婚夫婦の8割「理想は子供2人以上」 「夫婦の出産意識調査2016」

インタビュー

「胎内記憶」を語る子どもたちー人生で大切なものを教えてくれる
「お母さんを選んで生まれてきたよ」
中部大学教授 大門 正幸

ワールド・アフェアーズ

より良い市民を育てる「市民性教育」

青少年教育情報

・安全の意識高い日本の高校生
・少子化と児童虐待への新しい提言

歴史と伝統の探訪

ネパールで医療活動に献身/愛媛・鳥取・ネパール・兵庫
岩村 昇(1927~2005)

2016年5月号(308)

巻頭言

関西福祉科学大学教授 畠中 宗一

インタビュー

乳幼児期の睡眠守るための親教育と保育の質向上を
睡眠不足は思春期の心身に大きく影響する
和洋女子大学教授 鈴木 みゆき

オピニオン

母親との「安定した関係性」が子どもの安全基地
「愛着」形成の研究
神戸学院大学教授 石崎 淳一

情報ファイル

・親が子と同居する割合は低下傾向 社人研「第7回世帯動態調査」
・こどもの数1605万人、35年連続減 総務省「人口推計」

インタビュー

いじめを防ぐ試み「ピア・メディエーション」
学校・家庭・地域の連携と人格教育
立正大学特任教授 水野 修次郎

ワールド・アフェアーズ

韓国で活発化する人格教育

青少年教育情報

保育施設で乳幼児死亡14人

歴史と伝統の探訪

東アジア仏教の共通点と違い探究/鎌倉・中国・韓国
鎌田茂雄(1927~2001)

2016年4月号(307)

巻頭言

(一社)人間性復活運動本部理事長/成蹊大学名誉教授 三角 正明

インタビュー

現代の道徳に求められる「宗教」と「知性」の力
これからの道徳教育を考える
学校法人渋谷教育学園理事長、渋谷教育学園渋谷・幕張中学高等学校校長 田村 哲夫

インタビュー

父親が家に帰れる社会に
家族の絆をつくる心の処方箋 -4-
児童精神科医 渡辺 久子

情報ファイル

・虐待通告件数 過去最多の3万7千人 警察庁「児童虐待の検挙状況」
・低年齢児にも広がるスマホ利用 総務省調査

ワールド・アフェアーズ

・同性婚が子供の発達に与える影響ー米研究報告
・「家族条項」は国民の基本権ードイツ憲法の場合

家庭学

経済優先の待機児童対策で保育崩壊の危機

青少年教育情報

・高校家庭科教科書に見る「家族」
・子供のネット利用でルール作りを支援

歴史と伝統の探訪

大山捨松 最初の米国への女子留学生/東京・米国

2016年3月号(306)

巻頭言

日本家庭教育学会会長/八洲学園大学教授 中田 雅敏

インタビュー

社会制度崩壊の危険はらむ「LGBT差別解消法案」
性的少数者に配慮しながら、婚姻・家族制度を保護する必要がある
麗澤大学教授 八木 秀次

インタビュー

夫婦の関係を振り返る
家族の絆をつくる心の処方箋 -3-
児童精神科医 渡辺 久子

情報ファイル

・大麻、覚せい剤乱用少年、増加の懸念 警察庁「少年非行情勢」
・人口1億2700万人、初の減少 総務省「国勢調査速報

オピニオン

少子化対策はなぜ効果をあげられないのか
元衆議院議員、元厚生省児童家庭局企画課長 大泉 博子

ワールド・アフェアーズ

韓国で児童虐待が深刻化

青少年教育情報

・米国の人格教育推進校・地域
・都立高で新教科「人間と社会」を実施

歴史と伝統の探訪

日米関係を軸に文学を研究/東京・米国
佐伯彰一(1922~2016)

2016年2月号(305)

巻頭言

帝塚山学院大学名誉教授 川上 与志夫

インタビュー

「養育格差社会」を克服する家族の役割
主体性なく、行動の意欲失った日本の若者たち
精神科医、臨床心理士 鍋田 恭孝

インタビュー

直観的育児を取り戻す
家族の絆をつくる心の処方箋 -2-
児童精神科医 渡辺 久子

情報ファイル

・「ゆとり」脱却、小中高で学習時間増加 ベネッセ教育総合研究所「第5回学習基本調査」
・児童虐待 2割増の8万8931件 厚生労働省「福祉行政報告例の概況」

インタビュー

教科化により「実践できる道徳」をめざす
「感じる」から「できる」を想定した授業に
武蔵野大学教授 貝塚 茂樹

ワールド・アフェアーズ

注目集める「ポジティブなしつけ」

オピニオン

・「地域のつながり」が親の学びと育ちを支える
・道徳的実践につなげる「人格教育」の教育法を

青少年教育情報

6割が「平日2時間以上」 ほとんどの時間はSNS

歴史と伝統の探訪

人間の歴史を大和絵で描く/東京・イタリア

2016年1月号(304)

巻頭言

北翔大学 学長補佐・教授 山谷 敬三郎

インタビュー

「家族保護」政策の提言ーなぜ家族を保護すべきか
児童虐待、同性婚、夫婦別姓を考える
長崎大学教育学部准教授 池谷 和子

インタビュー

何より子を思う「祈り」
家族の絆をつくる心の処方箋 -1-
児童精神科医 渡辺 久子

情報ファイル

・出生数100万8000人、5年ぶりに増加 厚労省「人口動態統計」
・日本語指導必要な外国人児童生徒は2万9000人 文科省「日本語指導が必要な児童生徒調査」

インタビュー

道徳の教科化と「利他」「公益」の教育哲学
子供を感化する「語りの復権」を-新しい年の教育の課題
植草学園大学名誉教授 野口 芳宏

ワールド・アフェアーズ

韓国で「人格教育振興法」が施行

青少年教育情報

・「品格教育」など推進 不登校やいじめ対策で
人口減少対策に必要な「家族」重視の視点 「『地方創生と消滅』の社会学

歴史と伝統の探訪

杉原千畝 ユダヤ人救った外交官と妻の支え

2015年12月号(303)

巻頭言

久徳クリニック 久徳 重和

インタビュー

自然なお産と母乳育児が次世代を豊かにする
「生の原基としての結婚・出産の喜び」
津田塾大学教授 三砂 ちづる

オピニオン

「安定した家庭」が経済と社会の安定に強い影響

情報ファイル

・就学前児童の4割が保育利用 厚労省「保育所等関連状況のまとめ」
・梅毒の感染、女性が5年で5倍に 性感染症の現状

オピニオン

虐待を起こさせない社会に向けて何が必要か

ワールド・アフェアーズ

全寮制で課外活動充実、リーダーシップ育成に力点

インタビュー

「リベラル・アーツ」の伝統と現代的意義
哲学者、文学博士 河端 春雄

青少年教育情報

「ポイントはグローカル人材の育成」

歴史と伝統の探訪

絵画がとりもった異国との友情/東京・セレベス

2015年11月号(302)

巻頭言

八洲学園大学教授 渡邉 達生

インタビュー

日本人の家族文化に根ざした相続税制を
家族の絆と相続税制を考える
税理士、行政書士 小野塚 久枝

ワールド・アフェアーズ

少子高齢化対策急ぐ欧州最新事情

情報ファイル

・小中高校等いじめ認知18万8057件 文科省「児童生徒の問題行動調査」
・半数近くが「親世代との同居・近居の意向あり」 厚労省「人口減少社会に関する意識調査」

インタビュー

不登校児は学校に戻すことで改善する
子供を引きこもりにさせないために
開善塾教育相談研究所顧問 金澤 純三

オピニオン

子供の情動を健全に育てる乳幼児教育と家族愛

青少年教育情報

「家庭学習」「保護者と学校、地域のつながり」が効果示す

歴史と伝統の探訪

俳句で日本語の美しさを結晶させる/市川

2015年10月号(301)

巻頭言

法政大学教授 渡辺 弥生

インタビュー

結婚と家庭の価値めぐる文化戦争に入ったアメリカ
特集・アメリカ社会の現状-同性婚合法化による混迷と今後の展望
米ワシントン・タイムズ記者 シェリル・ウェツスタイン

オピニオン

同性婚問題にどう向き合うか-米研究員の提言から

情報ファイル

・暴力行為、小学校で4年連続増 文部科学省「児童生徒の問題行動等調査」
・学校でデジタル黒板、教科書導入加速化 文科省「教育の情報化調査」

私の教育実践論

教師の創意工夫で魅力ある道徳授業を
「家族愛」をテーマに授業
山形県・小学校教諭、「道徳のチカラ」代表 佐藤 幸司

オピニオン

就学前教育の重要性が示唆するもの

青少年教育情報

「結婚」「妊娠と年齢」に触れた高校生向け副教材

ワールド・アフェアーズ

憲法に謳われた「家族条項」 イタリアでの制定議論

歴史と伝統の探訪

自然に絶対性を認識して進化論を批判/京都・満州・ヒマラヤ

2015年9月号(300)

巻頭言

名寄市立大学教授 加藤 隆

インタビュー

幸福な人生を思い描く「婚学」のすすめ
「結婚は人生で最大の成長の場」
九州大学大学院農学研究院助教 佐藤 剛史

オピニオン

夫婦関係の満足度高める「コミュニケーション」 妻の満足度が高いと夫の幸福度も高くなる

情報ファイル

・「親を尊敬」「老後は自分が世話」、日本が最低 国立青少年教育振興機構「4カ国高校生調査」
・若者の自殺動機はうつ病など「健康問題」 内閣府「自殺白書」

ワールド・アフェアーズ

「健全な結婚が社会の安定につながる」 米政府が推進する結婚教育運動

オピニオン

子供の福祉と家族を守る「再婚禁止期間」

インタビュー

共感性や情緒を育むための家族支援
大阪市立大学名誉教授、関西福祉科学大学教授 畠中 宗一

歴史と伝統の探訪

東洋美術の価値を世界に認知させる/東京・中国・インド・米国

2015年8月号(299)

巻頭言

立正大学心理学部特任教授 水野 修次郎

インタビュー

「個人化」から「家族」創生の少子化対策へ転換を
「子育て共同参画社会」への提言
北海道大学名誉教授・神戸学院大学教授 金子 勇

ワールド・アフェアーズ

「多様な家族の形」却下し「家族の保護」を決議 国連人権理事会が賛成多数で採択

情報ファイル

・既婚者の希望子供数「3人以上」が増加 厚労省「21世紀成年者縦断調査」
・起業希望は30年で半減、若者の意識減退 「中小企業白書」

ワールド・アフェアーズ

同性愛者への差別背景に左派政党が主導 欧州の同性婚問題

インタビュー

心を育み、家族の絆を強める道徳教育の提唱
武蔵野大学教授 貝塚 茂樹

インタビュー

江戸時代の教育システム
現代の通じる寺子屋教育
哲学者 河端 春雄

歴史と伝統の探訪

ホームランを飛ばした「細菌の狩人」/東京・米国

2015年7月号(298)

巻頭言

(社)人間性復活運動本部理事長 三角 正明

インタビュー

子どもの保護のために親と家族への支援を
婚姻と児童虐待から見る「子育てと家族と法」
東北大学教授 水野 紀子

ワールド・アフェアーズ

待ったなしの少子化・非婚化対策ー韓国 「幸せな家庭」の価値見直す時

情報ファイル

・「児童がいる世帯」は2割に減少 厚労省「国民生活基礎調査」
・30代未婚女性「結婚しなくて良い」4割 内閣府「結婚・家族形成に関する意識調査」

オピニオン

・同性婚をめぐる議論に子供の視点を
・「良き家庭人」になるための性的自己抑制教育

インタビュー

子育てが育む社会の絆
「家庭の危機と再生へのビジョン~少子化非常事態と日本の選択」
音楽家、元埼玉県教育委員会委員長 松居 和

青少年教育情報

5年間の居住条件に返還免除の奨学金 宇都宮市

歴史と伝統の探訪

「比較思想」は世界平和実現の手掛かり/東京・インド・米国

2015年6月号(297)

巻頭言

植草学園大学名誉教授 野口 芳宏

インタビュー

若者たちの結婚を支援する「社会的親子関係」を取り戻す
「出生促進政策と家庭・地域共同体の再生」
明治大学教授 加藤 彰彦

オピニオン

「選択的夫婦別姓制度」の問題点 家族の否定、犠牲になるのは子供と女性

情報ファイル

・体外受精件数は10年で3.8倍 晩産化背景、倫理的問題は未整備
・増え続ける少年の「振り込め詐欺」 「性犯罪」は高水準で推移

ワールド・アフェアーズ

米で注目「家庭・地域協同型」人格教育

私の教育実践論

大学生による国際救援ボランティア
「他のために何ができるかを意識する機会に」
新潟大学教授 福岡 浩

青少年教育情報

全国自治体が推進する家庭強化の施策

歴史と伝統の探訪

朝鮮に身を捧げた伝道の先駆者/東京・水原

2015年5月号(296)

巻頭言

江戸川学園取手中・高等学校元校長 高橋 鍵彌

インタビュー

「生の原基」としての結婚と出産の喜びを伝える
女性は出産を通じて宇宙と一体化した感覚になる
津田塾大学教授 三砂 ちづる

オピニオン

結婚への意欲揺らぐ「さとり世代」 若者の結婚意識を探る

情報ファイル

・児童虐待事件、5割増の698件 警察庁「児童虐待の検挙」
・長時間のスマホアプリ、学力に悪影響 文科省/仙台市教委・東北大調査

ワールド・アフェアーズ

仏の家族強化政策支えるカトリック

オピニオン

「結婚」と「家庭」の教育内容充実を
「特別の教科 道徳」の授業内容提案

家庭学

夫婦関係の価値の再認識と課題解決への考察
特定の見返り求めず協力し合う関係に
平成国際大学教授 佐藤 晴彦

2015年4月号(295)

巻頭言

八洲学園大学教授 中田 雅敏

インタビュー

家庭生活の中で愛を段階的に育てていく
夫婦、親子関係を立て直すための処方箋
臨床心理士、東京心理教育研究所所長 金盛 浦子

ワールド・アフェアーズ

結婚によって高まる人生の満足度 米研究所が新たな実証研究

情報ファイル

・健診未受診・住民票届なく、所在不明の子供たち 文部科学省「児童生徒の安全調査」
・ネット利用、スマホで長時間化 内閣府「青少年のインターネット」調査

オピニオン

渋谷区「同性パートナーシップ条例」の問題点

ワールド・アフェアーズ

米国に大きな混乱もたらした同性婚

家庭学

人間が「家族」を持つ特別の意味
神戸学院大学教授 石崎 淳一

定期購読バックナンバー購入