トップイメージ

シェリル・ウェツスタイン女史 特別懇談会

テーマ「アメリカ政治・社会の現状と課題―同性婚合法化による混迷と今後の展望」

2015年9月30日

 

講師:シェリル・ウェツスタイン女史 特別懇談会
米紙ワシントン・タイムズ記者

ウェツスタイン_下 2015年9月30日に東京都内でシェリル・ウェツスタイン女史(米紙ワシントン・タイムズ記者)を迎え、特別懇談会を開催した。国会議員、学者、地方議員など14名が参加した。ウェツスタイン女史は、同性婚をめぐる2015年6月26日の米・連邦最高裁判所判決を踏まえ、米国社会の状況や判決に至る背景、今後の展望について語った。
     
ウェツスタイン_上【プロフィール】福祉、家庭、社会問題などを担当し、ニューヨークやワシントンで35年以上にわたって記者活動を続けている。1985年にワシントン・タイムズに入社、貧困、父権、十代の妊娠、性教育、性感染症、結婚、離婚、同棲、同性婚、教育問題などについて傑出した報道をしている、77年に新人記者賞、83年に「ニューヨークの心」賞(いずれもニューヨーク記者クラブ主催)など、ジャーナリストとしていくつもの賞を受賞。米国の同性婚合法化問題に関しては多くのインタビューを行い、記事の執筆を行っている。

政策提言・出版物

政策提言
研究活動を踏まえてIPPがまとめた政策提言
IPP分析レポート
IPP独自の視点で諸問題の背景や解決への課題を分析
政策オピニオン
国内外の専門家による政策課題に関する分析と意見
IPP政策ブリーフ
時事的テーマや政策課題に関するコンパクトな情報
IPP国際会議
レポート
研究所紹介パンフレット
ダウンロード(PDF:1.8MB)

主な研究テーマ

OFFICE

一般社団法人 平和政策研究所
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田3-18-9-212
E-mail:office@ippjapan.org

※サイト上のすべての著作物(文章・写真・画像等)を無断で複写・転載・リンクすることを固く禁じます。

ページ上部へ戻る