トップイメージ

日欧有識者フォーラム開催

テーマ「東アジアの安全保障と日欧協力の展望」

2014年11月18日

 
P-JE4
▲講演するヴァン・エーケレン博士

【プロフィール】 1934年生まれ。ユトレヒト大学で法律を学び、プリンストン大学で政治学を学ぶ。ユトレヒト大学で博士号を取得。ニューデリー、ロンドン、アクラ(ガーナ)の大使館、ならびにパリとブリュッセルのNATO政府代表部に勤務した後、安全保障政策局長を務める。1977年にオランダの下院議員に選ばれ、防衛長官、欧州担当相、国防大臣を歴任した。西欧同盟(Western European Union)の事務総長を1989~94年に務め、その後オランダの上院議員となる。2003年に、最終的にリスボン条約となる欧州憲法を準備した欧州代表者会議のメンバーとなる。現在、防衛と安全保障に対するヨーロッパのより大きな貢献を推進する「ユーロディフェンス」のオランダ・セクションの会長を務める。著書に、「欧州安全保障論争:1948-1998」「言葉から行動へ:続・欧州安全保障論争」などがある。

講師:ヴァン・エーケレン博士
元西欧同盟事務総長・元オランダ防衛大臣

 2014年11月18日に東京都内でウィレム・フレデリック・ヴァン・エーケレン博士(元西欧同盟事務総長、元オランダ防衛大臣)を講師に迎え、日欧有識者フォーラム「東アジアの安全保障と日欧協力の展望」を開催した。国会議員や学者など約70名が参加した。講演内容は政策オピニオン参照。P-JE3

政策提言・出版物

政策提言
研究活動を踏まえてIPPがまとめた政策提言
IPP分析レポート
IPP独自の視点で諸問題の背景や解決への課題を分析
政策オピニオン
国内外の専門家による政策課題に関する分析と意見
IPP政策ブリーフ
時事的テーマや政策課題に関するコンパクトな情報
IPP国際会議
レポート
研究所紹介パンフレット
ダウンロード(PDF:1.8MB)

主な研究テーマ

OFFICE

一般社団法人 平和政策研究所
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田3-18-9-212
E-mail:office@ippjapan.org

※サイト上のすべての著作物(文章・写真・画像等)を無断で複写・転載・リンクすることを固く禁じます。

ページ上部へ戻る